エアコン | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 吉田寮 | main | zakka 個展案内 >>
エアコン

オブジェ(円板に古紙)2016

夜はぐうたらテレビを見ている事が多い。番組は選ぶけれど。
ミヤネ屋はあまり観ない方だけど今夜は先日亡くなった竹田圭吾氏の追悼コーナがあったので観た。
テレビに登場し時事のコメントを述べるマスコミの人は数多いる。
中でいつも一歩引いた視点でつまりその折々の世間の熱みたいなものから間をおいて自分の考えを冷静に分かりやすく述べる人だった。
彼はジャーナリズムはエアコンでなければいけないと口にしていたそうだ。
つまり世の中が何かの方向にヒートアップしている時にはクールダウンの役目、
反対に取り上げられるべき事象が放置されている時にはヒートアップを促すような意識を持ちながら発言をするべきだと。
思えば亡きナンシー関もそういう人だったのかもしれない。(私の最も尊敬する書き手)下世話な芸能人ネタや番組批評と見せかけて実は実はの、世間や人間の本質を見抜く鋭さだった。
彼女の文を読んで何度自分にも問いかけただろう、私もみっともない勘違いしてやしないか?と。
マスコミの報道の異常な方向性に「チョット待て」をかける発言力を持った人たちはこの国では必要だと思う。
でなければ一方向に突っ込んでいくのが好きな大衆の熱気が自分の生活を侵略してきそうで怖くなる。
で!取り敢えずスマップの解散はどーでもいいわい!(苦笑)
なんか言ってよナンシー、この大騒ぎ。




COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK