倉敷にて | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< objets / もの展at Kurashiki | main | 佇まい展HPできました。 >>
倉敷にて





土曜日11日から倉敷の工房イクコで3回目のobjets/もの展始まりました。
陶磁器の器、オブジェ、写真、そして私は箱や壁仕様のオブジェを、とバラエティーに富んだ展覧会!
10作家のものをインスタレーションしたどこかの惑星のような一角、博物館のような棚、各作家のコーナーと空間を活かした展示構成になっています。
愉しいと思いますよ。お近くの方も、遠方の方は観光も兼ねてぜひお出かけください。
それにしても何度訪れても倉敷は良い町です。電柱を地下に埋める工事などを進め美観地区はさらに整備され若い感性の店やハンドメイドものの店、美味しい蕎麦屋、パン屋などもできて古さと新しさのミックス加減がほど良い感じ。
この程よさというのが実は難しいのですよね。
人けの無い夜の美観地区を征くのは時代を遡るような感覚です。
短い数十歩で永い時間を旅してるような。そんな町は貴重です。
展覧会ができて幸せ。
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK