ツギハギ天国 | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『小慢』台北にて | main | 箱と物 / Box & Object >>
ツギハギ天国


台北!こんなに近いのに訪れる機会がなかなか持てなかったのが悔やまれる。
愉しく美味しい。
何より町が私の好きなツギハギ天国。
集合住宅は勝手勝手に住民の手が加えられ規格外スタイル。
殆どの屋上にはペントハウスならぬ屋上小屋がのっかっているので面白く上ばかり見上げて歩いているとどこからともなく好い匂いがしてくる。
屋台がジュージュー何かを焼いていたりシュウシュウ何かを蒸していたりするのでそちらも気になり足を止めてはなんだろと覗いたり即食べたり。
今回は展覧会の為の短い滞在だったので町歩きはほんの一日半程。
もったいなかった!もっと居たかった。ここは仕事抜きでも来るべき町だろー。
しかも福岡からの航空運賃は国内線よりも安い。2時間ほどで到着する。
だいたい何でも美味しかったけれど印象的だったのはエリンギを細く裂いて揚げた一皿、超小粒な緑の豆がザックリ入ったスープ。
どちらも素材の味だけを活かしたとてもシンプルな料理だけれどどれだけの手作業と下拵えがされたものかと想像すると目眩がしそう。
ありがたくありがたくいただきました。

アー行きたい、すぐ行きたい。
もっと細くて昏い路地に潜入したい。
あの旧いビルの屋上に上ってみたい。
夜市であれもこれも食べてみたい。
故宮だって観なくてはね??
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK