2019年秋からのこと | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北京 「莨室」2人展 | main |
2019年秋からのこと
ふー、何というテイタラクってやつだ。
ブログ更新ずいぶんサボってしまった。
でも仕事はサボってませんから許して。
北京の展覧会の後も11月12月と私にしては珍しく二箇所での連続個展をしましたし!

先ずは蒲郡市 on me pense 。
店主さんの自宅の庭のひとすみに建てられた小さな礼拝堂のような小部屋での展示。写真で雰囲気ご覧ください。



ここでの個展の隠れテーマは「彼女の旅先」
店主のサエコさんがヨーロッパに買い付けに行かれている数日間、紙を集めてきてもらい(レシート、拾い紙、etc)それらを作品にコラージュ。

いつもは自分があちこちで収集した紙しか使わないのだけれど人が集めてきた紙類を切り貼りしていると訪れたこともない外国の街の路上や匂いが思い浮かびまるで自分がちょっとした旅をしているような気分に。
こういうのも楽しいもんだなぁ、と。

そしてここで感激したのはなんと作品を見て涙してくれた人がいたこと。
人が見捨てたようなものを素材に作品を作るという私の手法が物凄く真っ直ぐに彼女の心に(もしかしてどこか弱っていた心?)に届いたのかもしれない。
思わずその場にいた数人も(私も)もらい泣き。
なんだなんだこの小さな部屋で女たちが涙する感動のシーンは。すぐに照れくさくなってみんなで笑った。嬉しいな。忘れないよ。ありがとう。

さて12月、2019年の締めは地元福岡での個展。
大好きな吉井町大好きなお店山下かばんで。
ここでのトピックスは何と言っても店主カオリさん提案のガチャポン!!!
小さなプラスチックケースに入る大きさの自作マグネットを入れて「ハイ、ガチャどうぞ!」
みんなとてもウキウキとガチャポン!
いい大人がガチャガチャ(笑)
かわいい!




それからもう一つ嬉しかったのは日頃在庫置場としてしか活用していない2階のスペースでインスタレーションさせてもらえたこと。

実はこのスペースが素晴らしく良くできた空間なのをほとんどの人が知らない。
才能ある若い建築家が古い木造アパートの部屋を主にベニヤ板を素材にリノベしたものなのです。

錆びた外付け鉄階段をカンカンカンと登ってサッシのドアを引けばそこには!!!の空間が。
こちらも写真でどうぞ。




この期間同じ吉井町の「四月の魚」では岩田圭介展も同時開催中だったのでお客さまは12月にしては暖かい好天の中あっち行ってこっち来て、と吉井散歩も堪能されていた様子。


ということでほぼ休む暇無し2019年5か所での展覧会を走り終えたのでした。
其々の場所で沢山の人たちに出会い嬉しい反応も頂きありがたかった!

さて2020年はとうにスタートし既に2月半ば、、、。
今年は少しスローなペースで行きます。
作りながら頭の中を整えてゆく作業もしつつ。
次回の展示は4月松本の10cm「弱さの工芸」と東京の箒星。
どちらもグループ展です。

ゆっくり愉しく作り始めています。
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK