奈良「鹿の舟」二人展案内 | 函箱雑記帖
造形作家岩田美智子の展覧会案内、日常のいろいろなど。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 脆弱な梯子 | main | 2016の展覧会終了! >>
奈良「鹿の舟」二人展案内






今年最後の展覧会は奈良。
くるみの木が奈良の旧市街にオープンした「鹿の舟」にて。
これまでは秋篠の森「月草」で開催していましたが今度のところは初めて。
古い一軒家を中村好文氏がリノベーションした建物ということで洋間と日本間のあるとても良い感じの空間。
先月まで展覧会を開催していたパリの元工場後の剥き出し空間とはガラリと変わっての奈良らしいスペースでどんなインスタレーションをお見せできるのか、ドキドキですが楽しみです。
近郊の方、ご旅行をお考えの方どうぞお立ち寄りください。
カフェや図書室も併設しているようです。
尚今回は蔵にて岩田十三の水彩画三点も特別展示させていただきます。

12/10(土)ー18日(日)11:00〜17:00
会期中水曜日休/ 最終日〜16:00
作家在廊10、11日
鹿の舟 0742-94-3500
COMMENT









Trackback URL
http://blog.mkiwata.com/trackback/104
TRACKBACK